オーケストラ情報各種

名古屋フィルハーモニー交響楽団

オーケストラを知ろう

名古屋フィルハーモニー交響楽団

正式名称「公益財団法人名古屋フィルハーモニー交響楽団」は、1966年に愛知県で初めてプロオーケストラとして発足した団体で、その名前の通り名古屋市を拠点にしています。現在に至るまでに数度の海外公演ツアーを経験しており、地域の楽団としても親しまれ、演奏の質、経験共に高いレベルの楽団として知られています。2004年には「プラハの春」国際音楽祭から招待を受けています。曲目やジャンルのレパートリーも広く、演奏の質とともに更に向上していくことを目標に掲げています。定期演奏会もあり、公式ホームページでは決められたテーマで演奏される曲についての解説を簡単に見ることができます。普段演奏をおこなっているのは名古屋栄にある愛知県芸術劇場コンサートホールで、地下鉄や市バスの利用が便利です。地元の小学校では、名フィルの演奏を聴きに行く授業がを設けている学校もあり、音楽などの授業の一環として演奏に関しての感想文を書くという習慣があります。地域に親しまれる楽団として、学校では定期演奏会などの広告がはいふされたりもし、学生であれば割引料金でチケットを購入することができたりします。学校では名フィルの著名な指揮者や演奏者についての解説などはしないことが多いものの、オーケストラというものについて学ぶ際に引き合いに出されることも多いです。世界の著名な指揮者や演奏者との共演によって、世界と地域の二面性を持った楽団として、実績を積み重ねています。

2015/09/10 02:05:30